妊娠しやすい体になることを目的に

一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、そこから妊活を始めました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)を改善するために運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)することを思いつきました。結果は、意外と上手にいきました。新陳代謝が上がっ立ため、基礎体温を上げることができ、悩んでいた冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)を改善することが出来立ため、妊娠にむけて前向きな気持ちです。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそうではないのです。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。周囲も本人もおおらかな気持ちをもつことが赤ちゃんを授かるためには良いことですよね。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。1回3500円?4000円という値頃感でつづけましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(おもったより高いらしいです)。

幸い、全部飲み切らないうちに、下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。

妊婦にとって大事な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。普段の食事で得られる量では中々理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。
まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売られていますので、このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというわけですね。

スムーズに妊娠できる体を創る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆(平安時代にはすでにあったといわれていて、名前の由来は精進料理で寺院の倉庫である納所で作られていたからという説が有力です))とお魚が挙げられます。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。

ただ、総合的に言えば、多くの食材から栄養をとるのが理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的です。
一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)による葉酸摂取がお薦めです。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意が必要です。
葉酸を効率よく働かせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、避けた方が無難です。

あなたがたご存知のように、妊娠初期の女性にとって、葉酸が大事な働きをすることを知っていますか。

ママの体も赤ちゃんも、伴にげんきであるように、葉酸サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)で補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。厚生労働省が発表した、理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。

まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的な摂取値は1日当たり0.4mgと発表されています。これを野菜だけで摂取するのはとても大変ですから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。